資格講座(合格体験記)

またまた!  合格体験記


皆様こんにちは012.gif

前回に引き続き、合格体験記をご紹介いたします!


山下 幸子様 (40代)
取得資格:P2
所属教室: 阪急富田駅前教室
資格を取ろうと思ったきっかけはなんですか?

 前回準2級を取得したのですが、インストラクターの先生から、パワーポイントを勉強したほうがいいとアドバイスを受け勉強していくことにしました。勉強していくうちに、2級を受けてみようという気持ちがめばえ、ちょうどその時に、インストラクターの先生からP2級を受けてみることをすすめてもらい、挑戦することにしました。


教室の雰囲気やインストラクターの印象はどうでしたか?

 インストラクターの先生はみなさん親切でアットホームな雰囲気なので常にリラックスしながら勉強できます。試験会場が教室だし、教室の雰囲気もすごく良いので、本来緊張感のある試験にも平常心で取り組むことができました。

P2級に合格でき、インストラクターのみなさんに報告をしたところ、準2級を取得した時以上に自分のことのように一緒に喜んでくださったので、合格できた喜びが倍増しました。


取得された資格をどのように活かしていきたいか、また次の目標などをお聞かせ下さい。

インストラクターの先生から、自信をもって自慢できる資格だというお言葉をいただいたので転職に有利になるものと信じています。次の目標は、良い所、P2級を活かせる所に転職できればと思っています。


今後、資格取得を目指す方にアドバイスや応援メッセージを!

私が試験を受けるまでに取り組んできたことは、P検模擬試験と対策テキストの復習と、わからないことは必ずインストラクターの先生に質問をして納得して自分のものにしてきたことです。

ただ、P検の復習において丸暗記だけだと応用がきかなくなるので、どうすればこうなるのかと考えながら、文章の一文一句をしっかり読み取って復習することをおすすめします。(実際の試験はP検模擬試験や対策テキストで勉強したことを応用しないとできない問題ばかりでした。)

合格がわかるまで2週間ほどかかり毎日ドキドキした分、合格証明書が自宅に届いた時の喜び、達成感は準2級を取得した以上に大きいものでした。この先絶対忘れられないです。

試験を受けられる方へ…自分のがんばってきたことを信じて強い気持ちを持ってがんばって下さい。


スタッフより

P検準2級コースの時に

非常に丁寧に勉強されていたので

2級も必ず合格できると

自信をもってお勧めしました

成果物作成実技は苦手な問題が出たそうですが

今までの勉強で培ってきた応用力で

見事合格されました

おめでとうございます!

e0250111_20001643.png

教室ではP検・MOSといった
パソコンの資格講座が人気です!

さらに、P検は姉妹校が認定校なので
受験する際も、いつもの受講と同じ雰囲気の中で
安心して受けられます(*^_^*)


キャプチャ

思い立ったら今すぐチャレンジ!!!

学生の方は学割あります!!
今ならお得に冬期講習!くわしくはコチラをクリック



e0250111_15211691.png

e0250111_15222890.jpg


随時無料説明会・体験・見学を受け付けております。029.gif
ブログを見た!とおっしゃっていただきましたら
入会金5,500円を1,100円に!
まずはご予約を 072-235-3511まで030.gif

*・。.♦♫♦♫.。・*゜*・。.♦♫♦♫.。・*゜*・。.♦♫♦♫.。・*゜*・。.♦♫
初心者から資格取得まで 基礎からしっかり学べます。
ワード Word エクセル Excel パワーポイント PowerPoint !
教室のホームページ↓
みんなのパソコン&カルチャー教室 北野田校

堺市東区丈六171-25TEL/FAX 072-235-3511
小中学生のためのパソコン教室 ホームページ
*・。.♦♫♦♫.。・*゜*・。.♦♫♦♫.。・*゜*・。.♦♫♦♫.。・*゜*・。.♦♫


[PR]
トラックバックURL : http://kitanoda.exblog.jp/tb/25077771
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by pc-it-kitanoda | 2016-12-20 20:01 | 資格講座(合格体験記) | Trackback | Comments(0)

堺市東区北野田の教室です。iPad、タブレット、スマートフォン講座も開催。シャドーボックス・ビーズアクセサリー講座も人気。お茶スペースもございます。日ごろの教室の様子やお知らせをアップしています。


by pc-it-kitanoda