☆「納豆vsめかぶvsトマト」☆ ~第三弾~

遂に、対決も最終戦になりました(^_^)/

最後は、「トマト」です★

トマトに含まれるリコピン&食物繊維は悪玉コレステロールを減らし血液をサラサラにしてくれるので、代謝が上がり痩せやすい体質になる。
また、リコピンは活性酸素を消す肌荒れ防止効果も◎。
さらに、トマトに含まれるビタミンがお肌を強くしてくれることから、化粧ノリが良くなったり、ニキビが解消されたりと嬉しい美肌効果が期待できるトマト!!

そんなトマトを使った「夜トマトダイエット」をご紹介します♪

夜トマトダイエットの方法~
毎晩夕食時にトマトを1~2個食べるだけ。ミニトマトだと約15個、トマトジュースなら350mlくらいが目安。トマト以外のものを一緒に食べても大丈夫。


Q、なぜ夜にトマトを食べるとやせるのか?
ダイエットに必要なのは新陳代謝を上げ、カロリー消費を多くすること。トマトの代表的な栄養素リコピンは血液中の毒素を退治し、血液をサラサラにする働きがあります。血液の流れがよくなると新陳代謝が活発になり、睡眠時にカロリーをよりおおく消費させやせるのだとか・・・。さらにトマトには脂肪吸収を抑える効果もあるそうです。

また、トマトは生で食べると体を冷やす作用があるので過熱したり,オリーブオイルをかけて食べるほうがリコピンの吸収率が4倍も上がるそうです。以外ですよね。


★最低3ヶ月、理想は6ヶ月続ける★東洋医学的な見地からいうと、肌や爪の生え変わりなど体内サイクルの平均は6ヶ月。つまり人間の身体は6ヶ月続いた状態を覚え、覚えた後はそれをキープしようとするものです。やはりダイエットには継続が何より大事というわけですね!


「痩せるホルモン」の分泌を助ける成長ホルモンは別名「痩せるホルモン」。そのように呼ばれるのは、成長ホルモンに脂肪の分解や代謝を上げるといった効果があるためです。トマトは、そんな成長ホルモンの分泌を助けるビタミンやミネラルが豊富。成長ホルモンは睡眠中にしか分泌されない物質のため、夜にトマトを食べることで分泌が促されてダイエット効果が得られるというわけです。

安い、美味しい、調理が簡単!そして健康に良い!

良い事づくめですね(^_^)v
トラックバックURL : https://kitanoda.exblog.jp/tb/17536405
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by pc-it-kitanoda | 2012-03-16 11:24 | Trackback | Comments(0)

堺市東区北野田の教室です。iPad、タブレット、スマートフォン講座も開催。シャドーボックス・ビーズアクセサリー講座も人気。お茶スペースもございます。日ごろの教室の様子やお知らせをアップしています。


by pc-it-kitanoda
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31